現代人に欠かせないパソコンにトラブルが起きたら

必要機器の使用・修復はプロに相談

復旧方法

パソコンのデータ復旧をするには

パソコンが急に重くなった場合や、異音がする場合は、故障の寸前の可能性もあります。普段からバックアップと取っておけば良いのですが、普段使うものなので、なかなか時間がとれなくて、というという場合も考えられます。 立ち上げたら画面が青い状態で動かないなど、パソコンが故障してしまったら、データ復旧を依頼するのが無難でしょう。理由は、不調のまま使い続けると、ますます具合が悪くなったり、原因が分からない状態でセーブしたり、電源の再起動を繰り返したりすると、どんどんデータがこわれる可能性があるからです。データ復旧作業は、不調の原因を調べる為に5日位、パソコンに保存されていたデータ自体を元通りに復元するために、3日ほど、計1週間位が目安です。 データ復旧の為の費用は、容量にもよりますが5万前後、内容量が少ない場合は多少安くなる場合もあります。そして、データ復旧に自信のあるところは、もしデータが戻らない場合は、無料をうたっているところもあります。(ただし、事前調査で多少料金がかかる場合があるので、全額ではない場合もあります。成功報酬と考えると分かりやすいでしょう)

データ復旧は思ったより安かった

データ復旧は、企業や官公庁が重要なデータを誤って消去してしまったときにだけ利用されるものではありません。個人のPCユーザー、データ復旧サービスを頻繁に利用しています。 企業がデータ復旧を依頼してくるのは、大規模なデータを復旧させる必要があるため、作業するのにとても時間がかかり、それに比例して復旧のための費用もどうしても高額になってしまいます。 ところが個人ユーザーの場合は、データ復旧する分量が少ないため、金額も非常にリーズナブルです。ハードディスクの状態が良ければ、たった一日で作業がすんでしまうこともあります。そうすると復旧費用も、一万円以下となってきます。但し、ハードディスクのコンディションが悪い場合には、復旧させるのに手間がかかるため、料金も上積みが必要です。